PCをもうちょっと簡単に使いたい人に私の小技を教えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ExcelでWeb地図

Excelから地図サービスを利用する方法です。
住所録などをよくを作りますが、その場所の地図を見たいというときに便利です。

ここではHYPERLINK(ハイパーリンク)関数とセルデータの結合(&)を使います。

Excelで地図



HYPERLINK関数の書式は HYPERLINK(リンク先,[別名])

ですのでセルDは

=HYPERLINK("地図サービスのアドレス"&B2)

&を使ってセルBの住所を地図サービスのアドレスに連結します。


実際に使う地図サービスのアドレスですが

MapFanの場合
   http://www.mapfan.com/keywordsrch.cgi?ZM=11&SRCHKIND=SRCH_ADR&PARAM=
   SRCHKIND=SRCH_ADRをSRCH_ZIPにすると郵便番号検索になります。


ゼンリンの場合
   http://free.its-mo.com/?size=m&freewd=
   size=mで標準の大きさ、size=lでサイズ大、size=xでサイズ特大になります。

GoogleマップやMapionなどでは文字コードが違うためにそのままでは利用できませんでしたが
MAPPLE地図(ちず丸)では電話番号での検索が可能なので

HYPERLINK("http://www.chizumaru.com/czm/search.aspx?func=3&mode=2&psz=5&name="&C2)


とすれば、電話番号からの地図表示が出来ます。

mode=2が電話番号検索、C2は電話番号のセル になります。







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。