PCをもうちょっと簡単に使いたい人に私の小技を教えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSSリーダーを活用しよう

RSSとはブログやニュースなどを配信する手段の一つで、RSSリーダーは定期的に
このRSSにアクセスして最新の更新があったかチェックしてくれます。

最近ではブログ以外でもニュースの配信やショッピングサイトでのバーゲンのお知らせなどにも使われています。


RSSを購読(RSSリーダーを使って定期的に読むことをなぜか“購読”という)する方法ですが
IE7、Firefox、Operaなどの主要ブラウザにはRSSリーダーの機能が付いています。


IE7の場合はツールバーにある

IE7のRSS


Firefox、Operaはアドレスバーにある

FoxとOperaのRSS


RSSのマークをクリックすればRSSリーダーに登録することができます。
RSSマーク


ブラウザにRSSリーダーがない場合や他のリーダーを使いたい場合はgoo RSSリーダーや
はてなRSS などがあります。

スポンサーサイト

Operaメールのラベルを変える

Operaメールで使えるラベルで“貴重”とか“娯楽” これって何に使うのさ?

どうせなら、もっと使えるラベルに変えたいと、思っている人は多いはずです(たぶん多いと思う)



メールで使うラベルはOperaの言語ファイルに定義されており
通常は "C:\Program Files\Opera\locale\ja\ja.lng" これが日本語用のファイルです。

ja.lngをメモ帳などのエディタで開き、“娯楽”を検索すると

340864561="重要"
1018805321="予定"
-1602395097="要返信"
1827310912="要連絡"
1665342300="会議"
-744394077="パーティ"
-755539101="娯楽"
-160452737="貴重"


ここにラベルで使う内容が設定されているので、お好みに合わせて変更します。
(“パーティ”は何の用途か不明です)

一度Operaを終了して再度実行するとラベルが変更されています。

念のため、オリジナルのファイルはバックアップしておいた方が良いでしょう。





リムーバルディスクのアイコンを変えてみる

USBメモリなどリムーバルディスクのアイコンを変える方法です。

まず、メモ帳などで

[autorun]
icon=アイコンファイル名

これをautorun.infの名前でアイコンを変えたいリムーバルディスクに保存し、
アイコンも一緒にリムーバルディスクに入れます。

一度リムーバルディスクを外して、再度付けるとアイコンが変わります。

autrun.infとアイコンは誤って消されないように隠しファイル属性にしておくとよいでしょう。




SD、CF、メモリースティックなど何種類ものメモリが使えるリーダー/ライターを
使っている方は多いと思いますが、ドライブがE,F,G,H・・・・といっぱいあって
どのドライブがどのメモリか分からなくなるというときも。

いじくるつーる」を使えば、ドライブのアイコンを変えることもできます。

代替テキストを設定しよう

ホームページやブログに写真などのイメージを使うことが多いですが、代替テキストが無いケースが多々見られます。

代替テキストとは画像の替わりをする文字です。

なぜ必要か

・ 何かのエラーで画像が表示できなかった場合、
 あるいは画像を表示しない設定の場合は代替テキストが表示されます。
・ 音声読み上げ機能では代替テキストが読み上げられます。
・ 検索エンジンでの検索対象となる


img001


上の象の写真では代替テキストが"img001"となっています。
(IEの場合画像にマウスを合わせると表示される)

せっかく代替テキストを付けてもimg001では意味がわかりませんよね。
きちんと画像に合った代替テキストをつけましょう。


黒猫の家族

上の猫の写真で代替テキストが“黒猫の家族”となっています、これなら画像の説明になりますよね。



どうやって付けるのか


FC2ブログの場合はファイルのアップロードで指定するタイトルが通常は代替テキストになります。

FC2での代替テキストはここ


またタグを使って記述する場合は

<a href="http://blog-imgs-32.fc2.com/p/c/j/pcjyutu/kuroneko.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-32.fc2.com/p/c/j/pcjyutu/kuroneko.jpg" alt="黒猫の家族" border="0" /></a>

この中のalt属性で指定された文字が代替テキストになります。

ExcelでWeb地図

Excelから地図サービスを利用する方法です。
住所録などをよくを作りますが、その場所の地図を見たいというときに便利です。

ここではHYPERLINK(ハイパーリンク)関数とセルデータの結合(&)を使います。

Excelで地図



HYPERLINK関数の書式は HYPERLINK(リンク先,[別名])

ですのでセルDは

=HYPERLINK("地図サービスのアドレス"&B2)

&を使ってセルBの住所を地図サービスのアドレスに連結します。


実際に使う地図サービスのアドレスですが

MapFanの場合
   http://www.mapfan.com/keywordsrch.cgi?ZM=11&SRCHKIND=SRCH_ADR&PARAM=
   SRCHKIND=SRCH_ADRをSRCH_ZIPにすると郵便番号検索になります。


ゼンリンの場合
   http://free.its-mo.com/?size=m&freewd=
   size=mで標準の大きさ、size=lでサイズ大、size=xでサイズ特大になります。

GoogleマップやMapionなどでは文字コードが違うためにそのままでは利用できませんでしたが
MAPPLE地図(ちず丸)では電話番号での検索が可能なので

HYPERLINK("http://www.chizumaru.com/czm/search.aspx?func=3&mode=2&psz=5&name="&C2)


とすれば、電話番号からの地図表示が出来ます。

mode=2が電話番号検索、C2は電話番号のセル になります。







複数のファイルを選択する

複数のファイル(またはフォルダ)を選択する場合に、
通常はCtrlキーを押しながらクリックして選択していきます。
が、Ctrlキーを途中で離してしまい、「あ~またやり直しだよ (T_T)」
そういう事もあります。

そこで、使えるのが「チェックボックスを使う」です。
(XPでは出来ません)

コントロールパネルツール→フォルダオプション、
または適当なフォルダを開いて、ツール→フォルダオプション を開きます。

表示タブの詳細設定にある「チェックボックスを使用して項目を選択する」にチェックを付けます。

チェックボックスを利用して


チェックボックスで選択できる

Operaをファイラーに使う

ウェブブラウザは何を使っているでしょうか?
代表的なものといえばInternetExplorer、Firefox、それからOperaでしょうか。

IEはIE7になってタブブラウジングになりましたが、使い勝手が悪くなったような。
Firefoxは使い勝手は良いけど私はOpera派です。

Operaだとウェブ閲覧、RSSフィードの購読、メールもOperaだけで出来てしまうのが
最も気に入っている理由です。


さらに、ファイラーとして使うことも。ローカルフォルダーをブックマークに入れるだけなんですが。

フォルダーをブックマークする方法で、手っ取り早いのは
ブックマークしたいフォルダーをOperaにドロップして、ブックマークに登録すればOKです。

Operaにドロップ

PaintGraphic2

お絵かきや写真の修正などにどのソフトを使っていますか?
簡単な絵を書いたりちょっとした修正ならWindows付嘱のペイントブラシや
Officeに付嘱するピクチャーマネージャーで事たりますが
高度な機能がないので物足りない。


フリー画像編集ソフトで代表的なのはGimpやPixiaですね。
市販のソフトだとフォトショップ、ペイントショップですが結構なお値段です。

そこで、見つけたのがソースネクストから発売されているPaintGraphic2です
ソースネクストの製品は当たり・外れがあるようですが、私的にはこれは当たりかと。


paintgraphic2

値段は1,980円と低価格ですがレイヤも使えるしサクサク動くのがなによりも気に入っています。

エクセルで連番入力

エクセルで1,2,3,4・・・・・と連番を簡単に入力する方法です。

<エクセルで連番


連番の基準となるセル(この場合はA1)の右下にカーソルを持っていき
Ctrlキーを押すと十字カーソルの上に+が付きます。

左ボタンを押しながら連番を入力したいセルまでドラッグします。

エクセルで連番2

連続した数値が簡単に入力できます。

この機能を使うと途中が抜けている番号を連続した番号に振り直すことも簡単にできます。

ばらばらの数値   連続した数値に       スッキリ並んだ


この連続データの入力機能は行(横方向)に対しても有効です。


ところで、データが数値以外の場合は

同じデータが

a,b,c,d・・・・ではなくて、同じデータがコピーされます。
それでは、同じ数値をコピーしたい場合はというと
Altキーを押しながらドラッグすればOKです。


楽々キーボード・ショートッカト

マウスでほとんどの操作が出来るWindowsですが、
キーボードショートカットを使うと効率がよくなる場合もあります。

よく使うのがコピーと貼り付けですが

コピーはCtrlキーを押しながらCキー またはCtrlキーを押しながらInsertキー
貼り付けはCtrlキーを押しながらVキー またはlShiftキーを押しながらInsertキー

なんども繰り返し貼り付けする場合には断然キーボードショートカットの方が早いです。

ほかにも色々とあって全ては覚えきれないけど
http://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/default.mspx

コピー、貼り付けぐらいは覚えておくと便利でしょう。


Exif情報

デジカメで撮影画像データにExif情報というのが埋め込まれています。

例えば、↓の画像の場合
  
        サンプル写真

サンプル写真のExif情報

このように、撮影日時やカメラ名など撮影時のデータが画像と一緒に埋め込まれているわけです。

このデータは絞りや露出時間などを確認するのに便利なのですが
撮影した日時が記録されるから仕事をサボって写真を撮りにいったのがバレるとか
そういうこともあります。

携帯写目メの場合もキャリア名や機種が記録されるので、
それは困るという人もいるかもしれませんね。
逆に画像を編集すると消える場合があり、それが問題になる場合もあります。


Exif情報を削除したり編集するソフトもあったりしますので、必要に応じて使ってみるのも良いでしょう。


MMIDBankでパスワード管理

いろいろな場面でIDやパスワードを入力するケースが多いですが
あまりも多くなると忘れてしまいます。

簡単なパスワードや全て同じパスワードは安全上問題があるし・・・

そんな方にはMMIDBankというフリーソフトはいかでしょうか。

MMIDBank登録画面

ID,パスワードの他にメモも登録できるのが便利ですね
登録・変更をしたら毎回「保存」をしないといけないのがちょっと面倒なんですが
割と使い勝手が良いソフトです。

MMIDBank入力画面


入力欄にカーソルを持っていき、「Windows ロゴキー」と「v」キーを同時に押すと
メニューが出るの一覧から選びます。

カード番号のなどはハイフンを消して入力、ハイフン付きで入力など使用する状況によって選択
できるようになっています。

ファイル名をコピーしたい

ファイルをコピー ではなくて ファイル名 をコピーしたい時に使える技です。

ただしVistaでしか使えない技ですが・・・


ファイル名をコピー

コピーしたいファイルのあるフォルダを開き、
「Shift」(シフトキー)を押しながらコピーしたいファイルを右クリックします。

メニューが出るので、「パスとしてコピー」をクリックすると
クリップボードにコピーされるので、それを貼り付けます。

"C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\MEDIA\LASER.WAV"

↑こんな感じでフルパス名でコピーされます。

xcopy 実践編

xcopyを使っての実践テクニックです。
USBメモリなど外付けのドライブにデータをコピーしていきます。


コピー先のドライブがUSBメモリなど取り外し可能な場合を想定してドライブのチェックを行います。
ここではEドライブをコピー先として、Eドライブが検出されない場合はコマンド終了します。

e:
if not errorlevel 0 exit


Eドライブの中にmailフォルダを作りコピーします。
/i オプションをつける事でコピー先にmailフォルダがない場合は自動的に作成されるようになります。

xcopy "C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook\*.*" e:\mail\ /s /y /d /a /i

バックアップした日付と時間をログファイルに書き出します。

echo バックアップ > e:\00_bkup_date.log
date /t >> e:\00_bkup_date.log
time /t >> e:\00_bkup_date.log


サンプルファイル

サンプルファイルは.batや.cmdの拡張子で保存して、各自の環境に合わせてコピー先など
を変更して下さい。

こちらにもサンプル例を書いておきます。



@echo off
rem ------------------------------------
rem
rem  バックアップ HDD->リムーバルディスク(Eドライブ)
rem xp vaersion 1.10
rem (実際に使用する再はフォルダ名、ドライブ名等を適宜変更して下さい。
rem ------------------------------------

rem コピー先のドライブがあるか検査します
e:
if not errorlevel 0 exit

rem ------------------------------------
rem メールデータのコピー
rem ------------------------------------

@echo on
xcopy "C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook\*.*" e:\mail\ /s /y /d /a /i


@echo off

rem ------------------------------------
rem IME辞書ファイルのコピー
rem ------------------------------------
@echo on
xcopy "C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Microsoft\IMJP8_1\*.*" e:\ime\ /s /y /d /a /i
@echo off


rem ------------------------------------
rem IEお気に入りのコピー
rem ------------------------------------
@echo on
xcopy "C:\Documents and Settings\ユーザ名\お気に入り\\*.*" e:\ie\ /s /y /d /a /i
@echo off

rem ------------------------------------
rem デスクトップのコピー
rem ------------------------------------
@echo on
xcopy "C:\Documents and Settings\ユーザ名\デスクトップ\*.*" e:\top\ /s /y /d /a /i
@echo off


rem ------------------------------------
rem ログの書き出し (日付と時間)
rem ------------------------------------
echo バックアップ > e:\00_bkup_date.log
date /t >> e:\00_bkup_date.log
time /t >> e:\00_bkup_date.log
c:



xcopyでバックアップ

ちょっとしたバックアップをするだけなら専用のソフトを使わずとも
ファイルをコピーするだけで良いのですが、手軽に効率よくバックアップする方法として
xcopyコマンドを使用してみましょう。

DOSコマンドほとんど使わないですが(DOSという言葉はもう死語かも)
覚えておくと役に立ちます。

例-1 OutLookのメールをコピー

xcopy "C:\ユーザ名\terumi\AppData\Local\Microsoft\Outlook\*.*" E:\BKUP\outlook\ /s /y /d /a


詳しく説明すると

C:\ユーザ名\terumi\AppData\Local\Microsoft\Outlook 以下のデータを
E:\BKUP\outlook\ にコピーする
/s ディレクトリが空でない場合はディレクトリもコピーする
/y コピー先に同じファイルがある場合、確認メッセージを出さない
/d 同じファイルがある場合、更新されたファイルだけコピーする
/a アーカイブ属性のつたファイルのみコピーする

“ユーザ名”は各自のユーザ名に置き換えて下さい。


コマンドプロンプトから毎回実行するのは面倒なので
メモ帳などでコマンドを記述して backup.cmd などのファイルで保存しておきます。
作成したbackup.cmdはWindows上で実行できるという訳です。

Picasaのアルバム機能

Picasaのアルバム機能についてですが、
ウェブアルバムではなくてローカルなアルバムについてちょっと解説します。


Picasaのアルバムでは実際の画像がアルバムにコピーされるのではありません、
一つの画像を複数のアルバムに登録してもハードディスクの容量が少なくて済むわけですね。

アルバムを消したり、アルバムから画像を消しても元の画像は残っています。

アルバムの例

画像管理ならPicsa

デジカメで撮った写真など画像がいっぱいあると画像管理ソフトがあったほうが何かと便利。
私のオススメの画像管理ソフトはPicasaです。

画像の検索、簡単な修正、メールでの送信やウェブアルバムへの登録
など機能も多いけど使い方も簡単でかなり使いやすくて便利です。


picasa


インストールしたらpicasaの画像ライブラリに登録したいフォルダをフォルダマネージャーで設定、
常時スキャンの対象になっていれば変更がるとすぐに反映されます。

名前順・更新日時順などで並び替えができタグを使った検索もできるので大量にあるデータから
目的のデータを見つけるのも容易です。

パワーポイントで作図

図形やロゴマークなどを作るのに標準のペイントブラシを使うのはちょっとしんどい
かといって高価なドローソフトを買うのももったいない。
フリーソフトを使う手もありますが、パワーポイントが入っているなら使ってみてはいかがでしょう。

エクセルやワードでも作図は出来るのですが、bmpやjpegといった図形として保存することができません
(バージョンによってかも?私のoffice2003では出来なかった)

パワーポイントを使って作図したら

図として保存

右メニューから「図として保存」を選びます
こうすればbmpやjpegなどで保存することができます。

ロゴマーク

パワーポイントの意外な使い方でした。

iGoogleのテーマ

iGoogleの続きです。


せっかくiGoogleを使うならお好みのテーマ使ってみましょう
味気ない検索画面も楽しくなります。

アジャタイガー

私の一番好きなテーマは「Aja Tiger」です。中国風+タイ風+? アジアン混ぜ混ぜですが
可愛いトラの様子が時間によって変化していくのが面白いです。
特定の時間にしか見られない隠しパターンもあるそうですが、一日中画面を見てないとわかりませんね。

Tea House

キツネさんが主人公のTea Houseも可愛くて好きです。
他にもたくさんのテーマがあるので好きなテーマをチョイスして使ってみてください。

ブラウザのトップページは

皆さんブラウザのトップページは何にしてますか?
Yahooなどにしている方は多いと思いますが、私はGoogle派です。

Googleをトップページにするなら、iGoogleを使いましょう。

igoogle

MyYahoo!でも自分流にカスタマイズできるのですがiGoogleの方が洗練されて使いやすいと
私は思っています。

タブを追加してジャンル別にアイテムを置けるのがなにより重宝しています。
私の場合、普段は検索履歴やブックマーク、天気予報をHomeに、仕事用に使うニュース、
電卓や辞書などのツール、書籍やCDのニュースなどに分けて使っています。

デスクトップにツールバー

プログラムを起動するとき「スタート」から始める人は多いですよね。
デスクトップにペタペタ色々置いてる人も多いですね。

クイック起動を使うとうい方法もありますが、私はツールバーをデスクトップに置いて
ランチャーの代わりにしています。

デスクトップにツールバー

まず、適当なフォルダを作って、よく使うソフトのショートカットを放り込みます

フォルダを作る  端へドラッグ


あら不思議、ツールバーが出来ちゃいました。
ツールバーが出来ます

ツールバーの枠を右クリックするとメニューが表示され、アイコンの大きさなどを変えることもできます。
また、ツールバーは画面の上でも下でも左でも置けちゃいます。

ツールバーの設定は

ランチャーを探しているならまずはこの方法を使ってみたらいかがでしょう。
フォルダならなんでもツールバーに出来るのでよく使うデータを入れたフォルダをツールバーに
すればデスクトップも広く使えると思いますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。